歴史のかげに美食あり

黒岩比佐子 [著]

黒船来航から鹿鳴館、日露戦争まで-。東洋の小国を震撼させた大事件の主役たちが、はじめて体験した「美食外交」。百五十年以上前、日本と欧米は料理の大きな違いを乗り越え、どうあいまみえたか?当時のメニューを細見しながらホスト国の苦心惨憺に迫る。52歳で惜しまれつつ逝ったノンフィクション・ライターが、12のフルコースで読者をご接待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本膳料理に不満を抱いた米国海軍提督-マシュー・C.ペリー
  • 最後の将軍によるフランス料理の饗宴-アーネスト・サトウ
  • 天皇が初めてホストを務めた日-明治天皇(1)
  • ダンスと美食による鹿鳴館外交-井上馨
  • 怪物的な政商と帝国ホテルの料理-大倉喜八郎
  • 大津事件とロシア軍艦での午餐会-ニコライ皇太子
  • 河豚の本場で開かれた日清講和会議-伊藤博文
  • 旅順陥落のシャンパンシャワー-児玉源太郎
  • "食道楽"作家とロシア兵捕虜の交流-村井弦斎
  • ガーター勲章と宮中晩餐会-明治天皇(2)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のかげに美食あり
著作者等 黒岩 比佐子
書名ヨミ レキシ ノ カゲ ニ ビショク アリ : ニホン キョウエン ガイコウシ
書名別名 日本饗宴外交史
シリーズ名 講談社学術文庫 2477
出版元 講談社
刊行年月 2018.2
ページ数 251p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292476-4
NCID BB25523167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23012478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想