『リア王』の時代 : 一六〇六年のシェイクスピア

シャピロ ジェイムズ【著】<Shapiro James>;河合 祥一郎【訳】

宗教対立によるテロ事件、愛国主義の高まりと外国人排斥の声、そして疫病にも脅かされていた島国の首都・ロンドンを舞台に、『リア王』や『マクベス』が書かれた背景を政治的にも探究し、ジェイムズ朝をあざやかに甦らせる「歴史読み物」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一六〇六年一月五日
  • 国王一座
  • 王国分割
  • 『レア王』から『リア王へ』
  • 悪魔憑き
  • 手紙
  • ミサの遺品
  • 忘れるな、忘れるな
  • 『ヒュメナイオスの仮面劇』
  • 二枚舌
  • 地上の地獄〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『リア王』の時代 : 一六〇六年のシェイクスピア
著作者等 Shapiro, James S.
河合 祥一郎
Shapiro James
シャピロ ジェイムズ
書名ヨミ リアオウノジダイ : センロッピャクロクネンノシェイクスピア
出版元 白水社
刊行年月 2018.2.10
ページ数 495,45p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-560-09593-5
NCID BB25521128
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想