「本を売る」という仕事

長岡義幸 著

全国100書店を徹底取材して見えてきた「これからの本屋のかたち」。"本の目利き"たちが語る苦悩と逡巡、本への愛と情熱。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 しぼむ街の本屋(消えゆく「街の本屋」
  • 小書店を支える取次会社の危機 ほか)
  • 第2章 地域と書店(「やま読」-図書館と書店をつなぐ試み
  • なぜ行政が書店業に ほか)
  • 第3章 街の本屋の挑戦(「まちの本屋の最高峰」を目指して
  • 書店が手を結んだ協業組織「NET21」 ほか)
  • 第4章 新しい本屋のかたち(並み居る大型書店に伍して、選書の妙で勝負
  • 困難を乗り越え、新規参入 ほか)
  • 第5章 震災を超えて(二〇一六年春-東日本大震災の被災地の書店
  • 二〇一六年六月-熊本地震に遭遇した書店 ほか)
  • エピローグ 山陰で出版人を育てる「本の学校」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「本を売る」という仕事
著作者等 長岡 義幸
書名ヨミ ホン オ ウル ト イウ シゴト : ショテン オ アルク
書名別名 書店を歩く
出版元 潮出版社
刊行年月 2018.1
ページ数 312p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-267-02112-1
NCID BB25510529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23000381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想