QOLって何だろう : 医療とケアの生命倫理

小林 亜津子【著】

人生一〇〇年時代、高度な医療の恩恵にあずかる現代人。でも、医療は「魔法」?長生きだけが「幸せ」?高齢者のフレイル、地域包括ケア、看取り搬送…医療技術と人間性の接点を、QOLから考えてみませんか。Quality of Life(生活の質)から考える、生命倫理学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 QOLって何だろう
  • 第1章 医療とQOL
  • 第2章 高齢者医療とQOL-フレイルにどう対処したらよいか
  • 第3章 認知症ケアとQOL
  • 第4章 QOLを伝えられない人のQOL
  • 第5章 家族と私のQOL
  • 第6章 看取りとQOL

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 QOLって何だろう : 医療とケアの生命倫理
著作者等 小林 亜津子
書名ヨミ QOLッテナンダロウ : イリョウトケアノセイメイリンリ
シリーズ名 ちくまプリマー新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.2.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68996-2
NCID BB25504504
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想