紀貫之

大岡 信【著】

紀貫之は「古今集」の重要な歌人かつ中心的な編者であり、「土左日記」の著者としても知られ、また「伊勢物語」の作者にも擬せられている人物である。しかし「下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集」と正岡子規によって痛罵されて以来、つねにその言葉がつきまとい、正当な評価が妨げられてきた。はたしてそうだったのか?本書は、詩人の魂による繊細な鑑賞によって「子規以来」のイメージを覆し、貫之が「フィクション」として豊かな才能に恵まれていたことや古今集の特徴である象徴と暗示を体現した歌人であったことなどを、精緻に論証していく。貫之の復権を成さしめた画期的歌人論。読売文学賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ、貫之か
  • 2 人はいさ心も知らず
  • 3 古今集的表現とは何か
  • 4 袖ひぢてむすびし水の
  • 5 道真と貫之をめぐる間奏的な一章
  • 6 いまや牽くらむ望月の駒
  • 7 恋歌を通してどんな貫之が見えてくるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紀貫之
著作者等 大岡 信
書名ヨミ キノツラユキ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.2.10
ページ数 275p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-480-09845-0
NCID BB25494149
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想