飛田ホテル

黒岩 重吾【著】

社会の落伍者が集まるアパート「飛田ホテル」。刑期を終えたヤクザ者の有池が戻ると待っているはずの妻がいない。有池は妻の足取りを追うが、思いもよらなかった彼女の姿を知ることになる(表題作)。昭和の大阪、光の当たらない暗がりで悲しく交わる男女の情と性。自身も大阪のどん底を経験した直木賞作家が「人間の性」を抉り出す、傑作ミステリ短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛田ホテル
著作者等 黒岩 重吾
書名ヨミ トビタホテル
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.2.10
ページ数 361p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-480-43497-5
NCID BB25492493
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想