不確かな医学

シッダールタ・ムカジー 著 ; 野中大輔 訳

医学はそもそも科学だろうか?-かつて若き研修医だった著者はその後の医師人生を変える1冊に出会い、普遍的な「医学の法則」を探し始める。事前の推論がなければ検査結果を評価できない。特異な事例からこそ治療が前進する。どんな医療にも必ず人間のバイアスは忍び込む。共通するのは、いかに「不確かなもの」を確かにコントロールしつつ判断するかという問題。がん研究の歴史を描いてピュリツァー賞も受賞した医師が、「もっとも未熟な科学」の具体的症例をもとに、どんな学問にも必要な情報との向き合い方を発見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション
  • 法則1 鋭い直感は信頼性の低い検査にまさる
  • 法則2 正常値からは規則がわかり、異常値からは法則がわかる
  • 法則3 どんなに完全な医療検査にも人間のバイアスはついてまわる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不確かな医学
著作者等 Mukherjee, Siddhartha
野中 大輔
ムカジー シッダールタ
書名ヨミ フタシカ ナ イガク
書名別名 The Laws of Medicine

Futashika na igaku
シリーズ名 TEDブックス
出版元 朝日出版社
刊行年月 2018.1
ページ数 133p
大きさ 19cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-255-01036-6
NCID BB25475665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23009713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想