反共感論

ポール・ブルーム 著 ; 高橋洋 訳

無条件に肯定されている共感にもとづく考え方が、実は公正を欠く政策から人種差別まで、社会のさまざまな問題を生み出している。心理学・脳科学・哲学の視点からその危険な本性に迫る、全米で物議を醸した衝撃の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 他者の立場に身を置く
  • 第2章 共感を解剖する
  • 第3章 善きことをなす
  • 第4章 プライベートな領域
  • 第5章 暴力と残虐性
  • 第6章 理性の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反共感論
著作者等 Bloom, Paul
高橋 洋
ブルーム ポール
書名ヨミ ハンキョウカンロン : シャカイ ワ イカニ ハンダン オ アヤマルカ
書名別名 AGAINST EMPATHY

社会はいかに判断を誤るか

Hankyokanron
出版元 白揚社
刊行年月 2018.2
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8269-0201-4
NCID BB25454530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23013209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想