海後宗臣教育改革論集

海後宗臣 著 ; 寺﨑昌男, 斉藤利彦, 越川求 編

[目次]

  • 1 戦後カリキュラム論の出発(『教育文化』にみる戦後教育改革
  • 『日本教育』『明日の学校』にみるカリキュラム論
  • 『新教育の進路』の歴史的意味
  • 教育改革研究の進展をめざして
  • わが国のカリキュラム改造運動のために-『日本カリキュラムの検討』序文)
  • 2 教育実践研究と附属学校(東大附属創立の意味(講演記録))
  • 3 日本の近代教育(「教育史」(未公刊)
  • 北支に於ける教育建設に就いて
  • 北支に於ける教育建設に就いて・説明書
  • 戦前・戦中期の雑誌論文
  • 教育勅語(教育ニ関スル勅語)をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海後宗臣教育改革論集
著作者等 寺崎 昌男
斉藤 利彦
海後 宗臣
越川 求
寺〓 昌男
書名ヨミ カイゴ トキオミ キョウイク カイカク ロンシュウ : カリキュラム キョウイク ジッセン レキシ
書名別名 カリキュラム・教育実践・歴史
出版元 東京書籍
刊行年月 2018.2
ページ数 589p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-487-81007-9
NCID BB25447127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23013216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『日本カリキュラムの検討』序文 海後 宗臣
これからの教育展望 海後 宗臣
二年生の政治教育 海後 宗臣
人間は如何に形成されるか 海後 宗臣
入試制度の民主化 海後 宗臣
北支に於ける教育建設に就いて 海後 宗臣
北支に於ける教育建設に就いて・説明書 海後 宗臣
学校の新しい体制 海後 宗臣
弘道館と現代教育 海後 宗臣
戦後建設への教育構造 海後 宗臣
戦後教育改革の思想 寺﨑昌男
手の教育理論 海後 宗臣
教科書の新しい性格 海後 宗臣
教育に於ける人間 海後 宗臣
教育に於ける民主的なるもの 海後 宗臣
教育の地域社会計画 海後 宗臣
教育の地域社会計画 海後 宗臣
教育使節会議風景聞書 海後 宗臣
教育勅語 海後 宗臣
教育史 海後 宗臣
教育歴史性への探求 海後 宗臣
新しい学科課程の編成 海後 宗臣
明日の学校への待望 海後 宗臣
本土戦場化と文教体制 海後 宗臣
東大附属創立の意味 海後 宗臣
江戸方角から地理初歩へ 海後 宗臣
生活からの内容編成 海後 宗臣
生活による規定性 海後 宗臣
生活化の二方向 海後 宗臣
生活経験からの学習 海後 宗臣
研究資料 川口市実態調査による社会科教材編成 海後 宗臣
破って出る力 海後 宗臣
社会科教育. 上 海後 宗臣
社会科教育. 下 海後 宗臣
自由研究の在り方 海後 宗臣
解放の次を 海後 宗臣
証言-極東国際軍事裁判速記録 海後 宗臣
農村のもつ教育魅力 海後 宗臣
郷土を建設する芸能と技術 海後 宗臣
集団性の再認 海後 宗臣
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想