シャーデンフロイデ

リチャード・H・スミス 著 ; 澤田匡人 訳

人が不幸に喘いでいると、私たちは本能的にかわいそうだと感じる。はたして本当だろうか。私たちはこのような時に喜びを感じることがあり、日本語でいうところの「蜜の味」を味わう。この気持ちを表す言葉がドイツ語にある。「害」を意味する「シャーデン」と、「喜び」を意味する「フロイデ」を合わせて、シャーデンフロイデという。なぜ、私たちはシャーデンフロイデを感じるのだろうか。本書には、この疑問に取組んだ実証研究が集約されている。また、シャーデンフロイデを理解するための科学的アプローチに加えて、メディア、文学、そして日常生活の種々の例も随所に盛り込んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 優越の恍惚
  • 下を向いて上向こうよ
  • 余人しくじるべし
  • 自己と他者
  • 相応しい不幸は蜜の味
  • 正義は人の為ならず
  • 屈辱エンターテインメント
  • エンヴィーに首ったけ
  • 妬み転成
  • 解き放たれた邪悪な喜び
  • リンカーンだったら?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャーデンフロイデ
著作者等 Smith, Richard H.
澤田 匡人
スミス リチャード・H.
書名ヨミ シャーデンフロイデ : ヒト ノ フコウ オ ヨロコブ ワタクシタチ ノ ヤミ
書名別名 The Joy of Pain

人の不幸を喜ぶ私たちの闇
出版元 勁草書房
刊行年月 2018.1
ページ数 261,48p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-29927-0
NCID BB25444275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23011935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想