東アジアの秩序を考える

岩下哲典, 安田震一, 橋本真吾, 塚越俊志, 小川唯, 髙田誠, 中川仁, 濱口裕介, 吉田雅子 著

18世紀以降、西洋の外圧を受けながら、東アジアはどのような秩序をいかに構築していったのか?美術、宗教、軍事、教育、経済、文学、言語、テロリズムなどの多数な論点から、中国・台湾・日本における秩序の形成と変容の諸相を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中国・台湾(一八世紀〜一九世紀中国の秩序-装飾美術品からの考察
  • 初期プロテスタント海外伝道による東アジア秩序への影響-信仰覚醒運動からロバート・モリソンまで
  • 東アジアにおける軍事的秩序-一九世紀中国の海軍創設を中心に
  • 新しい時代の「国民」をつくる-中華民国成立後の教育方針制定の模索
  • 改革開放後の国際経済への接合と地域経済格差の変動-経済システム転換と新たな経済秩序の構築
  • 台湾における郷土文学論争と台湾語文の生成-台湾人にとっての言語表現試論の秩序)
  • 第2部 日本(後期水戸学と日本型華夷秩序-徳川斉昭の「北地」論を中心として
  • 幕末日本における秩序創出の困難さ-坂本龍馬・赤松小三郎の新国家・新秩序構想と暗殺(秩序創出とテロリズム)をめぐって
  • アジア太平洋戦争敗戦後初期における日本の中国語研究-語学研究の新しい秩序を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの秩序を考える
著作者等 Shang, William
中川 仁
吉田 雅子
塚越 俊志
安田 震一
小川 唯
岩下 哲典
橋本 真吾
濱口 裕介
高田 誠
書名ヨミ ヒガシアジア ノ チツジョ オ カンガエル : レキシ ・ ケイザイ ・ ゲンゴ
書名別名 歴史・経済・言語
出版元 春風社
刊行年月 2017.12
ページ数 384p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86110-574-6
NCID BB25427108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23010432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想