地図の進化論

若林芳樹 著

岩絵からグーグルマップまで、変化し続ける地図は、「ここはどこ?」の問いにどう答えていくのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いまどこ・いまここ・ここはどこ
  • 第1部 地図の今昔(地図の起源を訪ねて
  • 地図の万華鏡
  • 地図の読み書き)
  • 第2部 地図を通して知る世界(「地図が読めない女」の真相
  • 頭の中にも地図がある
  • 空間的思考と地図)
  • 第3部 地理空間情報と人間(デジタル化が変えた地図作り
  • それでも世界の中心は私
  • デジタル地図の未来予想図)
  • 進化する地図と人間の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図の進化論
著作者等 若林 芳樹
書名ヨミ チズ ノ シンカロン : チリ クウカン ジョウホウ ト ニンゲン ノ ミライ
書名別名 地理空間情報と人間の未来

Chizu no shinkaron
出版元 創元社
刊行年月 2018.1
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-422-40037-2
NCID BB25375988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23016468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想