弁護士の格差

秋山謙一郎 著

弁護士の価値が軽くなったという。かつてこそ"プラチナ"資格といわれたものの、今では、"シルバー"、なかには"銅"とまでいう向きもある。スキル格差、費用格差、経済格差に意識格差、これらのさまざまな格差はいかにして生まれたのか?政治と同じく、日常生活に密接に繋がっている司法に対し、今こそ真正面から向き合うべき時だ-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 弁護士が教える弁護士の探し方と選び方(いったい、いくらかかるのか
  • 拡がる弁護士の"費用格差" ほか)
  • 第2章 弁護士の"経済格差"(切実な低所得化
  • 弁護士による「横領」 ほか)
  • 第3章 "旧司組"vs"新司組"-その"格差"とは?(食えない資格ナンバーワン
  • "プラチナ"から"シルバー"、"銅"へ ほか)
  • 第4章 弁護士の"意識格差"(在日コリアン弁護士の"意識格差"
  • "ヤメ判"弁護士の実像 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁護士の格差
著作者等 秋山 謙一郎
書名ヨミ ベンゴシ ノ カクサ
シリーズ名 朝日新書 648
出版元 朝日新聞
刊行年月 2018.1
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273748-9
NCID BB25345386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23002758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想