石田三成

谷徹也 編著

[目次]

  • 総論 石田三成論
  • 第1部 石田三成の人物像(石田三成の生涯-その出自と業績
  • 戦国を疾走した秀吉奉行
  • 石田三成書状-その趣好)
  • 第2部 豊臣政権における石田三成(豊臣期「取次」論の現状と課題
  • 文禄期「太閤検地」に関する一考察-文禄三年佐竹氏領検地を中心に
  • 島津氏の財政構造と豊臣政権)
  • 第3部 領主・代官としての石田三成(石田三成佐和山入城の時期について
  • 佐和山城の絵図
  • 豊臣政権下の博多と町衆)
  • 第4部 合戦における石田三成(忍城水攻め
  • 豊臣政権の情報伝達について-文禄二年初頭の前線後退をめぐって
  • 関ヶ原合戦の再検討-慶長五年七月十七日前後)
  • 付録 石田三成発給文書目録稿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石田三成
著作者等 谷 徹也
書名ヨミ イシダ ミツナリ
書名別名 Ishida mitsunari
シリーズ名 シリーズ・織豊大名の研究 7
出版元 戎光祥
刊行年月 2018.2
ページ数 399p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-277-3
NCID BB25328999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23007241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想