戦前日本のポピュリズム : 日米戦争への道

筒井 清忠【著】

現代の政治状況を表現するときに用いられる「ポピュリズム」。だが、それが劇場型大衆動員政治を意味するのであれば、日本はすでに戦前期に経験があった。日露戦争後の日比谷焼き打ち事件に始まり、怪写真事件、満洲事変、五・一五事件、天皇機関説問題、近衛文麿の登場、そして日米開戦。普通選挙と二大政党制は、なぜ政党政治の崩壊と、戦争という破滅に至ったのか。現代への教訓を歴史に学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日比谷焼き打ち事件
  • 大正期の大衆運動
  • 朴烈怪写真事件-若槻内閣と劇場型政治の開始
  • 天皇シンボルとマスメディア-田中義一内閣の時代
  • 統帥権干犯問題と浜口雄幸内閣
  • 満洲事変とマスメディアの変貌
  • 五・一五事件裁判と社会の分極化
  • 国際連盟脱退と世論-ポピュリスト松岡洋右
  • 帝人事件
  • 天皇機関説事件
  • 日中戦争の開始と展開に見るポピュリズム-第一次近衛内閣の時代
  • 第二次近衛内閣・新体制・日米戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦前日本のポピュリズム : 日米戦争への道
著作者等 筒井 清忠
書名ヨミ センゼンニホンノポピュリズム : ニチベイセンソウヘノミチ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2018.1.25
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102471-8
NCID BB25315771
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想