村山富市回顧録

村山富市 [述] ; 薬師寺克行 編

党内では、構造改革論争、新党問題…。首相在任中には、阪神・淡路大震災、戦後五〇年の総理談話、住専問題…。党内外、政権内外、国内外に問題山積、波乱の渦中にあった最後の社会党委員長、村山元首相がその当時を回顧する。なぜ、戦後五五年体制の一翼を担った社会党は衰退したのか。そこに見えるのは、当時の一断面だけではなく、まさに今現在の政治課題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国会議員への道のり
  • 第2章 派閥全盛時代の社会党
  • 第3章 国会のひのき舞台で
  • 第4章 非自民政権の挫折
  • 第5章 混迷、そして崩壊へ-社会党新党問題
  • 第6章 「村山談話」「阪神大震災」「米軍基地問題」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 村山富市回顧録
著作者等 村山 富市
薬師寺 克行
書名ヨミ ムラヤマ トミイチ カイコロク
シリーズ名 社会 306
岩波現代文庫 306
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.1
ページ数 353,6p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603306-4
NCID BB25302463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23009491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想