1985年の無条件降伏

岡本勉 著

ジャンボ機墜落の衝撃はあまりにも大きく、1985年の夏は、日本中が重苦しい空気に包まれていた。新聞もテレビも、連日、ジャンボ機墜落のニュースで埋め尽くされた。この年は、9月21日が土曜日、22日が日曜日、23日は秋分の日という三連休があった。ここで、やっとひと息つけるという空気が漂っていた。ところが、そこへ、ワシントンから至急の連絡が入ってきた。それは、「日米欧の蔵相と中央銀行総裁が、ニューヨークに集まっている」という驚くべき内容だった。当時の蔵相は竹下登氏、日銀総裁は澄田智氏だ。前日の金曜日は、二人とも、確かに日本にいた。三光汽船の倒産が日本経済に影響が出ないよう、あれこれ、指示をしていたのだ。これが、プラザ合意の幕開けだった-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2度目の無条件降伏
  • 1985年の日本
  • 日米経済摩擦
  • 1985年8月12日 月曜日
  • プラザ合意 1985年
  • 円高始まる
  • 円高不況 1986年
  • 孤立する日本 1987年
  • バブル始まる 1988〜89年
  • 『「NO」と言える日本』 1989年〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1985年の無条件降伏
著作者等 岡本 勉
書名ヨミ センキュウヒャクハチジュウゴネン ノ ムジョウケン コウフク : プラザ ゴウイ ト バブル
書名別名 プラザ合意とバブル

Senkyuhyakuhachijugonen no mujoken kofuku
シリーズ名 光文社新書 927
出版元 光文社
刊行年月 2018.1
ページ数 282p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-04333-9
NCID BB25294988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23008229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想