王政復古

久住真也 著

230年ぶりの将軍上洛、禁門の変、そして王政復古の大号令-。激動の幕末期、禁裏御所では何が起きていたのか。天皇をめぐる幕府と有志大名との争い。宮中の奥へと進出していく大久保利通ら藩士たち。身分秩序の維持に腐心する公家勢力。近代国家が形成される舞台裏に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 歴史に筋書きはない
  • 第1章 将軍と天皇の交錯-上洛から東幸へ(空前の質素と簡易を示す
  • 転換点の将軍家茂
  • 新たな君主像の誕生
  • 東海道を下る天皇)
  • 第2章 宮中参内の政治学(武家参内の幕開け
  • 将軍参内と誓約の空間
  • 天皇とつながる大名たち
  • 一会桑の空間支配)
  • 第3章 天皇という革命-クーデターからの出発(仮建という通路
  • 王政復古政変の衝撃
  • 万機親裁の誕生)
  • 結 幕末と明治をつなぐもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王政復古
著作者等 久住 真也
書名ヨミ オウセイ フッコ : テンノウ ト ショウグン ノ メイジ イシン
書名別名 天皇と将軍の明治維新

Osei fukko
シリーズ名 講談社現代新書 2462
出版元 講談社
刊行年月 2018.1
ページ数 256p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288462-4
NCID BB25291662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23006543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想