方程式のガロア群

金重明 著

19世紀前半、フランスの天才数学者エヴァリスト・ガロアが方程式に関して行った考察は、その後の数学や物理学の発展に重要な役割を占めることになりました。方程式の解の関係性を表すガロア群。具体的な方程式のガロア群を計算することで複雑に見えていた解の構造が浮かび上がります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 そもそも方程式を解くとは?
  • 第1章 2項方程式
  • 第2章 ガロア群の位数が素数である方程式
  • 第3章 円の分割を定める方程式
  • 第4章 一般の方程式
  • 第5章 具体的な方程式のガロア群

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方程式のガロア群
著作者等 金 重明
書名ヨミ ホウテイシキ ノ ガロアグン : シンエン ナ カイ ノ シクミ オ リカイ スル
書名別名 深遠な解の仕組みを理解する

Hoteishiki no garoagun
シリーズ名 ブルーバックス B-2046
出版元 講談社
刊行年月 2018.1
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502046-3
NCID BB25275520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23008465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想