私小説の技法

梅澤亜由美 著

田山花袋『蒲団』(1907)から小島信夫『各務原名古屋 国立』(2002)まで、"私小説"の100年を辿り、成立と変遷、そして今後の可能性を提示する。認識する/される「私」から生まれる作品群を、「私探究」の文学として捉え直し、従来とは異なる観点から考察する。水村美苗論、リービ英雄論を増補、改訂版として装い新たに刊行!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 語りだされる「私」
  • 第2部 変化する「私」
  • 第3部 語り直される「私」
  • 第4部 創られる「私」
  • 第5部 韓国における「私」
  • 第6部 越境する「私」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私小説の技法
著作者等 梅澤 亜由美
書名ヨミ ワタクシショウセツ ノ ギホウ : ワタクシガタリ ノ ヒャクネンシ
書名別名 「私」語りの百年史

Watakushishosetsu no giho
出版元 勉誠
刊行年月 2017.12
版表示 増補改訂
ページ数 396,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-29144-2
NCID BB25255057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22996705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想