平成デモクラシー史

清水 真人【著】

「平成デモクラシー」は、政治の風景をがらりと変えた。九〇年代に進められた一連の改革により、政権交代を懸けた与野党の競争が始まり、首相への権力の集中が進んだ。今世紀に入ると、「小泉劇場」から民主党政権を経て「安倍一強」へ。その果てに-。「平成」という時代には、どんな意味があったのか?激動の三十年を構造的に読み解き、「平成デモクラシー」という一筋の航跡をくっきりと描きだす圧倒的な政治ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「平成デモクラシー」とは
  • 第1章 「強すぎる首相」の岐路
  • 第2章 政治改革と小沢一郎
  • 第3章 橋本行革の光と影
  • 第4章 小泉純一郎の革命
  • 第5章 ポスト小泉三代の迷走
  • 第6章 民主党政権の実験と挫折
  • 第7章 再登板・安倍晋三の執念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成デモクラシー史
著作者等 清水 真人
書名ヨミ ヘイセイデモクラシーシ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.1.10
ページ数 401,12p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-07119-4
NCID BB25251806
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想