絶滅の人類史

更科功 著

700万年に及ぶ人類史は、ホモ・サピエンス以外のすべての人類にとって絶滅の歴史に他ならない。彼らは決して「優れていなかった」わけではない。むしろ「弱者」たる私たちが、彼らのいいとこ取りをしながら生き延びたのだ。常識を覆す人類史研究の最前線を、エキサイティングに描き出した一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちは本当に特別な存在なのか
  • 第1部 人類進化の謎に迫る(欠点だらけの進化
  • 初期人類たちは何を語るか
  • 人類は平和な生物 ほか)
  • 第2部 絶滅していった人類たち(食べられても産めばいい
  • 人類に起きた奇跡とは
  • ホモ属は仕方なく世界に広がった ほか)
  • 第3部 ホモ・サピエンスはどこに行くのか(ネアンデルタール人の繁栄
  • ホモ・サピエンスの出現
  • 認知能力に差はあったのか ほか)
  • 人類最後の1種

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶滅の人類史
著作者等 更科 功
書名ヨミ ゼツメツ ノ ジンルイシ : ナゼ ワタクシタチ ガ イキノビタ ノカ
書名別名 なぜ「私たち」が生き延びたのか
シリーズ名 NHK出版新書 541
出版元 NHK
刊行年月 2018.1
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088541-3
NCID BB25235322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23001615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想