この星の忘れられない本屋の話

ヘンリー・ヒッチングズ 編 ; 浅尾敦則 訳

北京の食品マーケットに隣接する隠れ家のような書店から、ワシントンDC、ベルリン、ナイロビ、イスタンブールの古書店街まで-作家を育てたのはどの国でも「街の書店」だった。世界の注目作家15人のアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この星の忘れられない本屋の話
著作者等 Hitchings, Henry
浅尾 敦則
ヒッチングズ ヘンリー
書名ヨミ コノ ホシ ノ ワスレラレナイ ホンヤ ノ ハナシ
書名別名 BROWSE
出版元 ポプラ社
刊行年月 2017.12
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-591-15665-0
NCID BB25232754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22989868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある会話 ダニエル・ケールマン
おとぎ話はいつも幸せな結末をくれる イーユン・リー
この世のどこにもない本 アンドレイ・クルコフ
ふたつの本屋の物語 フアン・ガブリエル・バスケス
ヘラクレスの柱 イアン・サンソム
ボヘミア・ロード イアン・シンクレア
ライトナーとわたし サーシャ・スタニシチ
ラ・パルマヴェルデ ステファノ・ベンニ
憧れ イヴォーン・アジアンボ・オーウーアー
本屋の時間 アリ・スミス
物語がわたしの故郷 エリフ・シャファク
発展の時代の本屋 パンカジ・ミシュラ
蛇を退治するときは…… アラー・アル・アスワーニー
親しみがあるということ ドロテ・ノルス
雪の日 マイケル・ディルダ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想