ハッパノミクス

トム・ウェインライト [著] ; 千葉敏生 訳

『エコノミスト』エディターが、アンデスのコカ畑から、中米の監獄まで、麻薬の「聖地」をくまなく取材。M&A、CSR、サプライチェーン管理、オフショアリング…巨大カルテルの多国籍企業顔負けの経営戦略を解き明かす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Introduction カルテル株式会社
  • コカインのサプライ・チェーン-ゴキブリ効果と3万パーセントの値上がり
  • 競争か、協力か-「殺し合う」よりも「手を組む」ほうが勝るワケ
  • 麻薬カルテルの人材問題-ジェームズ・ボンドがミスター・ビーンと出会うとき
  • PRとシナロアの広告マン-なぜカルテルは「企業の社会的責任」を重視するのか
  • オフショアリング-ジャングルでビジネスを行なうメリット
  • フランチャイズの未来-ギャングはマクドナルドから何を盗んだか
  • 法律の先を行くイノベーション-"脱法ドラッグ"業界の研究開発事情
  • オンライン化する麻薬販売-ネット・ショッピングが向上させた売人の顧客サービス
  • 多角化するカルテル・ビジネス-麻薬の密輸から人間の密輸へ
  • いたちごっこの果てに-麻薬王たちを脅かす合法化の波
  • 経済学者は最高の警官

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハッパノミクス
著作者等 Wainwright, Tom
千葉 敏生
ウェインライト トム
書名ヨミ ハッパノミクス : マヤク カルテル ノ ケイザイガク
書名別名 NARCONOMICS

麻薬カルテルの経済学
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.12
ページ数 280,10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08663-5
NCID BB25224596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23001952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想