電磁気学  1

長岡洋介 著

電荷や電流のはたらきによって空間にある種の変化が生じる。それが電磁場だが、物体の運動とは違って、目に見えない。日常のなかで存在を実感しにくい電磁場がひとつの物理的実在であることを実感するには、第1冊のテーマである静電場と静磁場のみならず、第2冊のテーマである時間的に変動する電磁場の取り扱いが不可欠である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電荷にはたらく力
  • 2 静電場の性質
  • 3 静電場の微分法則
  • 4 導体と静電場
  • 5 定常電流の性質
  • 6 電流と静磁場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電磁気学
著作者等 長岡 洋介
書名ヨミ デンジキガク
書名別名 電場と磁場

ELECTRO-MAGNETICS
シリーズ名 物理入門コース〈新装版〉
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.12
版表示 新装版
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-029863-6
NCID BB25203869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23005861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想