うつむく眼

マーティン・ジェイ [著] ; 亀井大輔, 神田大輔, 青柳雅文, 佐藤勇一, 小林琢自, 田邉正俊 訳

視覚の権威剥奪をめぐる思想史。二〇世紀フランス思想は古代ギリシアよりつづく視覚の覇権体制に反旗を翻した。絵画、写真、映画をはじめとする視覚芸術から哲学、宗教、精神分析、ジェンダーにいたる諸論点をめぐり、サルトル、メルロ=ポンティ、レヴィナス、ラカン、フーコー、デリダらの言説が"反-視覚"の一点において重なりあう思想史の金字塔にして刺激的な視覚論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1章 もっとも高貴な感覚-プラトンからデカルトにいたる視覚の変遷
  • 第2章 啓蒙(EnLIGHTenment)の弁証法
  • 第3章 視覚の旧体制の危機-印象主義者からベルクソンへ
  • 第4章 眼の脱呪術化-バタイユとシュルレアリストたち
  • 第5章 サルトル、メルロ=ポンティ、新しい視覚の存在論の探求
  • 第6章 ラカン、アルチュセール、イデオロギーの鏡像的主体
  • 第7章 眼差しの帝国からスペクタクルの社会へ-フーコーとドゥボール
  • 第8章 死を呼び起こすものとしてのカメラ-バルト、メッツ、『カイエ・デュ・シネマ』
  • 第9章 「ファルス‐ロゴス‐視覚中心主義」-デリダとイリガライ
  • 第10章 盲目の倫理とポストモダンの崇高-レヴィナスとリオタール
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつむく眼
著作者等 Jay, Martin
亀井 大輔
佐藤 勇一
小林 琢自
田邉 正俊
神田 大輔
青柳 雅文
ジェイ マーティン
書名ヨミ ウツムク メ : ニジッセイキ フランス シソウ ニ オケル シカク ノ シッツイ
書名別名 DOWNCAST EYES

二〇世紀フランス思想における視覚の失墜

Utsumuku me
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1073
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.12
ページ数 543,243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01073-6
NCID BB25196038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23002255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想