日米地位協定

明田川融 [著]

日本は主権国家と言えるのか。沖縄への構造的差別はどう絡んでくるのか。占領期から現在まで、日本全域に影響力をもつ「不平等協定」の全貌を知る第一の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(類例のない「全土基地方式」
  • 解放と再接収の政治
  • 基地をめぐる歴史認識の相剋)
  • 第2部(排他的管理権の生成
  • 排他的管理権の顕現)
  • 第3部(日本側一次裁判権放棄密約交渉
  • 「公務」の定義
  • 沖縄米兵犯罪と裁判権移管問題)
  • 第4部(負担分担の論理
  • 「思いやり」と思考停止の負担分担)
  • 第5部(「密約製造マシーン」の作られ方
  • 改定問題を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米地位協定
著作者等 明田川 融
書名ヨミ ニチベイ チイ キョウテイ : ソノ レキシ ト イマ
書名別名 その歴史と現在
シリーズ名 日米地位協定
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.12
ページ数 320,23p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08647-5
NCID BB2519591X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23001955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想