抑止力としての憲法

樋口陽一 著

選挙での勝利=「民意」を盾にして進められる強引な政治に抗する原理として、「立憲主義」が注目されている。1973年に刊行した最初の著書で、戦後憲法学に「近代立憲主義」を復権させた著者が、自説に寄せられた批判に答えつつ、再び「近代」の構成原理への思索を突き詰め、憲法学のあり方や立憲主義と民主主義の関係などを問い直す。著者の立憲主義論の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「知」が「近代」を構想したとき(「危機」への知の対応
  • 「立憲主義」と「憲法制定権力」-対抗と補完 最近の内外憲法論議の中から
  • 「ルソーの立憲主義」をめぐって-『社会契約論』を副題『国法諸原理』に即して読む)
  • 第2章 「近代」が「自由」を制度化したとき(「近代」の公理の法学上の再発見とその問題性
  • 「共和国」=立法中心主義と違憲審査制の「共存」?
  • 憲法にとっての経済秩序-規範形式と規範内容から見て)
  • 第3章 「近代」=「普遍」が「歴史」に向き合うとき(法・歴史・記憶
  • 「歴史」にからめとられる「共和国」=「市民」?)
  • 第4章 学問・政治・憲法のトリアーデ(戦後史の中の憲法学-一局面の概観
  • 憲法に対する憲法学の向き合い方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抑止力としての憲法
著作者等 樋口 陽一
書名ヨミ ヨクシリョク ト シテ ノ ケンポウ : フタタビ リッケン シュギ ニ ツイテ
書名別名 再び立憲主義について

Yokushiryoku to shite no kenpo
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.12
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025470-0
NCID BB25192139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23003581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想