日本国際美術展と戦後美術史

山下晃平 著

豊富な資料をもとに作家・作品論を超えた日本の芸術環境そのものの位相を捉える。展覧会史からのアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本国際美術展(通称、東京ビエンナーレ)」とは
  • 第2章 先行研究の動向-「日本国際美術展」と戦後美術史
  • 第3章 「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」再考
  • 第4章 「美術(芸術)」の制度性と「日本」
  • 第5章 芸術環境の変化-野外美術展の展開とその文脈
  • 第6章 戦後日本における大型美術展の位相-「日本国際美術展」から新興の大型美術展へ
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国際美術展と戦後美術史
著作者等 山下 晃平
書名ヨミ ニホン コクサイ ビジュツテン ト センゴ ビジュツシ : ソノ ヘンセン ト ビジュツ セイド オ ヨミトク
書名別名 その変遷と「美術」制度を読み解く

Nihon kokusai bijutsuten to sengo bijutsushi
シリーズ名 アカデミア叢書
出版元 創元社
刊行年月 2017.12
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-70114-1
NCID BB25180413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22996400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想