労働経済学

川口大司 著

理論と実証が有機的につながった科学としての経済学のアプローチを、身近な題材と非常に豊富なデータを扱う労働経済学を通じて学ぶ。人間の行動モデルをベースとした実証分析を駆使することで、ある現象の相関関係ではなく、因果関係を明らかにする。この一冊で、社会科学的なセンスと作法がしっかり身につく!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 労働経済学への招待-理論と実証をつなぐ
  • 第2章 労働供給
  • 第3章 労働供給モデルの応用
  • 第4章 労働需要
  • 第5章 労働市場の均衡
  • 第6章 補償賃金格差
  • 第7章 教育と労働市場
  • 第8章 技能形成と外部・内部労働市場
  • 第9章 労働市場における男女差
  • 第10章 これからの日本社会と労働経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働経済学
著作者等 川口 大司
書名ヨミ ロウドウ ケイザイガク : リロン ト ジッショウ オ ツナグ
書名別名 Labor Economics

Labor Economics : 理論と実証をつなぐ
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.12
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16507-6
NCID BB25169308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23004138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想