渤海国とは何か

古畑徹 著

古代の中国東北部〜朝鮮半島北部に栄えた渤海国。この国の歴史を、現在各国が自国とのかかわりを強調して描きだしがちである。その対立を乗り越えるため、国際交流を軸に、地域の大きな枠組みに焦点を合わせ捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 渤海国の「再発見」-プロローグ
  • 渤海史概説(渤海国の基本史料と基本データ
  • 建国から「海東の盛国」へ
  • 「海東の盛国」から滅亡へ、そして遺民たち)
  • ユーラシアのなかの渤海国(東アジア世界のなかの渤海国
  • 東部ユーラシア世界のなかの渤海国)
  • 東北アジアのなかの渤海国(東北アジアという地域
  • 古代東夷の世界とその南北分割
  • 満洲世界の成立)
  • 海洋国家としての渤海国(環日本海世界のなかの渤海国
  • 環黄海・東シナ海世界のなかの渤海国)
  • 「歴史の争奪」を超えて-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渤海国とは何か
著作者等 古畑 徹
書名ヨミ ボッカイコク トワ ナニ カ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 458
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2018.1
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05858-2
NCID BB25162014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23001463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想