中国飛翔文学誌 : 空を飛びたかった綺態な人たちにまつわる十五の夜噺

武田 雅哉【著】

中国人は、空を飛ぶことにどれほどの関心を持っていたのであろうか?堯・舜の神話伝説時代から、漢魏六朝の古譚、唐宋の伝奇、明清の小説戯曲、そしてウェスタン・インパクトにさらされる清朝末期の新聞雑誌、二〇世紀中葉の中国でささやかれた都市伝説まで。神仙、凧、パラシュート、飛車、気球、飛行船、UFOと、空を飛ぶことに思いを馳せた中国人の言動のあれこれを鮮やかに描き出す。虚実ないまぜになった奇譚によって綴られる中国飛翔文学誌。図版多数収録。-さあ、中国人が綴り語ってきた「空飛ぶ」おはなしをよんでいこう!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仙人とは飛ぶ人なり
  • よりよく落ちるための想像力
  • 鳥に乗りたかった人びと
  • 凧よあがれ風に乗れ
  • 天翔る"飛車"
  • 進化する"飛車"
  • 八月の槎に乗って
  • 月世界への旅
  • 空にあいた穴のむこう
  • 霧のなかの飛翔者〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国飛翔文学誌 : 空を飛びたかった綺態な人たちにまつわる十五の夜噺
著作者等 武田 雅哉
書名ヨミ チュウゴクヒショウブンガクシ : ソラヲトビタカッタキタイナヒトタチニマツワルジュウゴノヨバナシ
出版元 人文書院
刊行年月 2017.12.20
ページ数 568p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-409-51076-6
NCID BB25152815
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想