剣と清貧のヨーロッパ

佐藤彰一 著

俗世間を離れ、自らの心の内を見つめる修道院。だが12世紀、突如その伝統から大きく離れた修道会が生まれた。騎士修道会と托鉢修道会である。かたや十字軍となって聖地エルサレムやイベリア半島、北方で異教徒と戦い、かたや聖フランチェスコらが都市のただ中で民衆の信仰のあり方をラディカルに変革した。これら"鬼子"ともいうべき修道会の由来と変遷を、各修道会の戒律や所領経営などにも注目しながら通観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十字軍遠征と騎士
  • 第2章 騎士修道会の戒律
  • 第3章 国際金融と所領経営-テンプルとホスピタル騎士修道会
  • 第4章 国家としての騎士修道会-ドイツ騎士修道会
  • 第5章 レコンキスタの旗の下に-イベリア半島の騎士修道会
  • 第6章 ヨーロッパの都市化と富の行方-托鉢修道会の出現
  • 第7章 聖フランチェスコの革新
  • 第8章 異端告発と学識者-ドミニコ修道会の役割
  • 第9章 修道院の外で-ベギン派が映すもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 剣と清貧のヨーロッパ
著作者等 佐藤 彰一
書名ヨミ ケン ト セイヒン ノ ヨーロッパ : チュウセイ ノ キシ シュウドウカイ ト タクハツ シュウドウカイ
書名別名 中世の騎士修道会と托鉢修道会
シリーズ名 中公新書 2467
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.12
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102467-1
NCID BB25121946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22998831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想