核と戦争のリスク

薮中三十二, 佐藤優 著

北朝鮮の核保有容認にしろ、先制攻撃にしろ、「日米べったり」にこそ真の危険が潜んでいる!トランプの「忠実なお供」と見られている日本。安全保障の根幹に触れる国家の危機が迫る今、日本人の基礎体力と感性の低下が、より深刻な事態を招いている。大国に割って入る知恵と戦略を持つにはどうすべきか。6者協議をはじめ、北朝鮮、中国と激しい外交交渉を行った元外務事務次官と人気作家が緊急ガチンコ対談!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 北朝鮮とアメリカ-今そこにある戦争の危機
  • 第2章 日本の上空を北朝鮮のミサイルが飛んだ日
  • 第3章 北朝鮮の核容認論と日本の核武装論
  • 第4章 小泉訪朝と6者協議-あのとき何が起きていたのか
  • 第5章 北朝鮮の真相-リーダーの頭の中、民衆の本音
  • 第6章 変貌する中国とのつき合い方
  • 第7章 海洋をめぐる戦い-尖閣問題と東シナ海
  • 第8章 二つの顔を使い分けるしたたかさ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核と戦争のリスク
著作者等 佐藤 優
藪中 三十二
書名ヨミ カク ト センソウ ノ リスク : キタチョウセン アメリカ ニホン チュウゴク ドウラン ノ セカイ ジョウセイ オ ヨム
書名別名 北朝鮮・アメリカ・日本・中国動乱の世界情勢を読む
シリーズ名 朝日新書 645
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.12
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273745-8
NCID BB25121786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22998309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想