家族研究の最前線  2

比較家族史学会 監修

未婚、晩婚、離婚、再婚、国際結婚、同性婚-。ひとはどんな出会いを経て、誰と結びつくのか。現代および歴史的な日本の状況と、世界の事情から、結婚の意味を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史と比較から読み解く日本の結婚
  • 第1部 現代日本の結婚(日本の結婚のゆくえ-困難なのか、不要なのか
  • 出会いと結婚の半世紀-人口学からみた変化と連続性
  • 「ナショナルな標準家族」としての日本の国際結婚
  • 法律学からみた再婚の意義)
  • 第2部 世界の結婚(アジア七地域における「出会いと結婚」の諸相
  • フランスにおけるカップル形成と法制度選択
  • 「ほどける」結婚-イタリアにおける同居カップル増加からみる結婚の意味と変容
  • フィリピン・ムスリムの家族形成にみる連続性と多様性-配偶者選択を中心に
  • 人類学における結婚の諸概念をめぐって-内婚・外婚・イトコ婚)
  • 第3部 日本の結婚の歴史的展開(十九世紀の越後国から陸奥国への遠方婚からみた地域変化
  • 近代移行期における西南日本型結婚パターンの変容
  • 近代日本の出会いと結婚-恋愛から見合へ
  • 明治民法と改正要綱における「出会いと結婚」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族研究の最前線
著作者等 山田 昌弘
平井 晶子
床谷 文雄
比較家族史学会
書名ヨミ カゾク ケンキュウ ノ サイゼンセン
書名別名 出会いと結婚

Kazoku kenkyu no saizensen
巻冊次 2
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2017.12
ページ数 367p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2471-3
NCID BB25113755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22989749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想