基本からわかる看護疫学入門

大木秀一 著

基本となる考え方のつながりや用語の意味をストーリーとして理解!わかりにくいこと、誤解しやすいことは図表化して整理した。保健師国家試験の過去問題で理解度のチェックと学習内容の定着を図る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 疫学の基本概念(疫学的な考え方とは
  • 疫学の基本的な用語を理解しよう
  • 疾病の原因、疫学的な因果関係の考え方)
  • 第2部 疫学固有の理論(疾病頻度の指標-有病と罹忠の区別
  • 曝露の効果を表す指標-相対危険と寄与危険
  • 疫学研究のさまざまなデザイン ほか)
  • 第3部 疫学の応用(スクリーニング検査
  • フィールド疫学(実地疫学)
  • 社会疫学-社会構造が健康に与える影響 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基本からわかる看護疫学入門
著作者等 大木 秀一
書名ヨミ キホン カラ ワカル カンゴ エキガク ニュウモン
出版元 医歯薬
刊行年月 2017.12
版表示 第3版
ページ数 188p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-23698-7
NCID BB25099993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23007234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想