江戸天下祭の研究

岸川雅範 著

[目次]

  • 序章 江戸天下祭に関する研究史
  • 第1章 江戸の神社祭礼-その形態と執行状況
  • 第2章 江戸天下祭の主要素と歴史的展開-神田祭を中心に
  • 第3章 神輿-江戸幕府の「官祀」
  • 第4章 山車、附祭-氏子町による祭礼行列
  • 第5章 御雇祭-江戸幕府による祭礼行列
  • 終章 天下祭、その後-神田祭の近代化
  • 補論1 将門信仰と織田完之
  • 補論2 江戸・東京の祭礼文化-江戸天王祭を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸天下祭の研究
著作者等 岸川 雅範
書名ヨミ エド テンカマツリ ノ ケンキュウ : キンセイ キンダイ ニ オケル カンダマツリ ノ ジゾク ト ヘンヨウ
書名別名 近世近代における神田祭の持続と変容
シリーズ名 神田明神選書 5
出版元 岩田書院
刊行年月 2017.11
ページ数 417p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86602-014-3
NCID BB25099734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22987918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想