天皇の歴史  1

大津透, 河内祥輔, 藤井讓治, 藤田覚 編集委員

神意を知る王はいつ生まれ、いかに国土を統一したか。卑弥呼と「倭の五王」に遡り、『古事記』『日本書紀』が描く神話の解読と考古学の最新成果から、神武以降の天皇を検証。さらに天皇号と日本国号の成立も分析し、日本史の原点を究明する。やがて朝鮮半島情勢の緊迫が大化の改新を引き起こし、斉明・天智・天武らにより律令国家が形成されていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「天皇の歴史」のために
  • 第1章 卑弥呼と倭の五王
  • 第2章 『日本書紀』『古事記』の伝える天皇
  • 第3章 大和朝廷と天皇号の成立
  • 第4章 律令国家の形成と天皇制
  • 終章 天皇の役割と「日本」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の歴史
著作者等 大津 透
河内 祥輔
藤井 譲治
書名ヨミ テンノウ ノ レキシ
書名別名 神話から歴史へ

Tenno no rekishi
シリーズ名 講談社学術文庫 2481
巻冊次 1
出版元 講談社
刊行年月 2017.12
ページ数 385p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292481-8
NCID BB25089628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22996458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
神話から歴史へ 大津 透
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想