「間にある都市」の思想

トマス・ジーバーツ 著 ; 蓑原敬 監訳 ; 澤田誠二, 渋谷和久, 村木美貴, 小林博人, 姥浦道生, 村山顕人 訳

地域計画、都市計画、都市デザイン、ランドスケープ・デザインなどの技芸を総動員し、現場からどう取り組んだらよいのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人類の大半が暮らす生活空間-特徴がなく名前の付けようもない空間(国際的な現象である「間にある都市」
  • 古い都市の神話が私たちの視野を遮っている ほか)
  • 第2章 「間にある都市」とは(「間にある都市」の全体像と疑問点
  • 文化と政治の領域での都市の解体 ほか)
  • 第3章 日常生活空間の構成(「システム」と「アゴラ」の葛藤
  • 日常生活がばらばらに分化される ほか)
  • 第4章 デザインの焦点となる「間にある都市」(文化の解釈とデザインに対するアプローチ
  • 美しいものと美しくないもの ほか)
  • 第5章 新しい形の広域計画の展望(「間にある都市」の発展のための概念モデル
  • 広域レベルにおける行政改革の必要性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「間にある都市」の思想
著作者等 Sieverts, Thomas
姥浦 道生
小林 博人
村山 顕人
村木 美貴
沢田 誠二
渋谷 和久
蓑原 敬
ジーバーツ トマス
書名ヨミ アイダ ニ アル トシ ノ シソウ : カクサン スル セイカツイキ ノ デザイン
書名別名 Zwischenstadt

拡散する生活域のデザイン

Aida ni aru toshi no shiso
シリーズ名 文化とまちづくり叢書
出版元 水曜社
刊行年月 2017.12
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88065-435-5
NCID BB25071972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22994470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想