感染地図

スティーヴン・ジョンソン 著 ; 矢野真千子 訳

コッホがコレラ菌を発見する三十年前、「疫学の父」と後に呼ばれたジョン・スノーは、ロンドンを襲った「見えない敵」と闘っていた。原因も治療法もわからない恐怖や惨劇のなかで次々と人が死んでいく。ミステリー風でスリルあふれる歴史読み物でありながら、大疫病の感染源を究明するために「ビッグデータ」を彷彿とさせる手法を用いたことに現代性を感じさせる名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 八月二十八日 月曜日-下肥屋
  • 九月二日 土曜日-目はくぼみ、唇は濃い青色に
  • 九月三日 日曜日-探偵、現る
  • 九月四日 月曜日-肥大化する怪物都市
  • 九月五日 火曜日-あらゆる「におい」は病気である
  • 九月六日 水曜日-証拠固め
  • 九月八日 金曜日-井戸を閉鎖せよ
  • その後〜現在-感染地図
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染地図
著作者等 Johnson, Steven
矢野 真千子
ジョンソン スティーヴン
書名ヨミ カンセン チズ : レキシ オ カエタ ミチ ノ ビョウゲンタイ
書名別名 THE GHOST MAP

歴史を変えた未知の病原体
シリーズ名 河出文庫 シ9-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.12
ページ数 368p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-46458-9
NCID BB25038274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22986512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想