ガバナンスとリスクの社会理論

正村俊之 編著

「ガバメントからガバナンスへの転換」と「産業社会からリスク社会への転換」。いずれも1970年代前後に起こり、しかもその転換が現代社会を近代社会から分かつ歴史的分水嶺となっている。社会理論によるその変容の検討!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代的ガバナンスの形成と政治システムの変容(近代国家の統治
  • 1980年代のパブリック・ガバナンス ほか)
  • 第2章 ソサエタル・ガバナンス-機能分化社会におけるガバニングのかたち(現代社会におけるソサエタル・ガバナンス
  • ソサエタル・メディアと社会 ほか)
  • 第3章 「リスク・ガバナンス」のフレームワークとその課題(はじめに-システミック・リスクへの対応
  • 「リスク」の区別-単純・複雑・不確実・多義的 ほか)
  • 第4章 宗教とリスクの交錯-世俗化論の変容をとおしてみた諸相(リスク論の世俗論的性格と世俗化論的性格の変容
  • 世俗化論の受難 ほか)
  • 第5章 科学技術のリスクと無知の螺旋運動(科学技術の両義性
  • 科学と技術の分離 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガバナンスとリスクの社会理論
著作者等 正村 俊之
書名ヨミ ガバナンス ト リスク ノ シャカイ リロン : キノウ ブンカロン ノ シザ カラ
書名別名 機能分化論の視座から

Gabanansu to risuku no shakai riron
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.11
ページ数 180p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60299-5
NCID BB25036122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22984466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想