啓蒙

ドリンダ・ウートラム 著 ; 田中秀夫 監訳 ; 逸見修二, 吉岡亮 訳

啓蒙思想が花開いた18世紀の当時から今日に至るまで、「啓蒙とは何か」を定義することは困難であり続けている。それは、啓蒙期に生じた根本的な価値観の変化が今も世界を規定していることと無縁ではない。啓蒙思想が生じた社会的背景から、統治や経済に与えた影響、奴隷制、自然科学、宗教、そして革命との関係に至るまで、総体的に読み解き、啓蒙の抱える矛盾や破壊性をも描き出す、入門書の決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 啓蒙とは何か
  • 第2章 コーヒーハウスとお客-啓蒙の社会的文脈
  • 第3章 啓蒙と統治-新しい始まりか、通常業務か
  • 第4章 経済学-国家と市場の学問
  • 第5章 探検、異文化間の接触、啓蒙の両義性
  • 第6章 人びとが所有物であるとき-啓蒙における奴隷制問題
  • 第7章 性についての啓蒙の考え
  • 第8章 学問と啓蒙-神の秩序と人間の知性
  • 第9章 近代的異教の台頭か-宗教と啓蒙
  • 第10章 啓蒙の終焉-陰謀と革命か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 啓蒙
著作者等 Outram, Dorinda
吉岡 亮
田中 秀夫
逸見 修二
ウートラム ドリンダ
書名ヨミ ケイモウ
書名別名 THE ENLIGHTENMENT
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1072
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.12
ページ数 267,9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01072-9
NCID BB25011551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22990946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想