批評について

ノエル・キャロル 著 ; 森功次 訳

批評とは、理由にもとづいた価値づけ(reasoned evaluation)である!恣意的な深読みはなぜ悪いのか。作者の意図は批評にどう関わるのか。客観的な批評を行うにはどのような作業が必要なのか。分析美学の泰斗であり映像批評家としても活訳する著者が送る、最先端の批評の哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 価値づけとしての批評(導入
  • 価値づけからの撤退 ほか)
  • 第2章 批評の対象(導入
  • 成功価値vs受容価値 ほか)
  • 第3章 批評の諸部分(ひとつを除く)-批評はいかなる作業によって成り立っているのか(導入
  • 記述 ほか)
  • 第4章 価値づけ-問題と展望(導入
  • でもそれって主観的なものですよね ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批評について
著作者等 Carroll, Noël
森 功次
Carroll No¨el
キャロル ノエル
書名ヨミ ヒヒョウ ニ ツイテ : ゲイジュツ ヒヒョウ ノ テツガク
書名別名 ON CRITICISM

芸術批評の哲学

Hihyo ni tsuite
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.11
ページ数 274,12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-85193-5
NCID BB25006278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22988314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想