ローマ教皇庁の歴史

ベルンハルト・シンメルペニッヒ 著 ; 甚野尚志, 成川岳大, 小林亜沙美 訳

今、世界で最も読まれている中世教皇庁史の邦訳完成!古代ローマのキリスト教信徒共同体から16世紀のルネサンス教皇の時代まで「近現代の教皇史に関心がある読者にとっても本書は絶好の入門書」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 コンスタンティヌス大帝期までのローマのキリスト教信徒共同体
  • 2章 テオドリック大王没時(五二六年)までの教皇とローマ
  • 3章 ビザンツ支配下の教皇権(七七四年まで)
  • 4章 カロリング朝支配下の教皇権(七七四〜九〇四年)
  • 5章 ローマ貴族の影響下の教皇権(九〇四〜一〇四六年)
  • 6章 いわゆる「叙任権闘争」期の教皇権(一〇四六〜一一二三年)
  • 7章 教皇の権威の構築(一一二四〜一一九八年)
  • 8章 権力の絶頂期の教皇権(一一九八〜一三〇三年)
  • 9章 アヴィニョン教皇庁時代(一三〇三〜一三七八年)
  • 10章 シスマと改革(一三七八〜一四四七年)
  • 11章 再興とルネサンス(一四四七〜一五三四年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ教皇庁の歴史
著作者等 Schimmelpfennig, Bernhard
小林 亜沙美
成川 岳大
甚野 尚志
シンメルペニッヒ ベルンハルト
書名ヨミ ローマ キョウコウチョウ ノ レキシ : コダイ カラ ルネサンス マデ
書名別名 Das Papsttum

古代からルネサンスまで
シリーズ名 人間科学叢書 47
出版元 刀水書房
刊行年月 2017.11
ページ数 459p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88708-432-2
NCID BB24945399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22986757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想