古地図から読み解く城下町の不思議と謎

山本博文 監修

古地図と現代図、定点で「くらべて」分かる!城下町に隠された驚きの秘密とは?当時の名残も追って歩ける!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天下人の城下町(江戸城
  • 名古屋城
  • 大坂城)
  • 第2章 現存天守のある城下町(姫路城-国道2号はかつての中堀!?市街地に伝わる江戸期の形跡
  • 松江城-城下に堀が張り巡らされた三つの理由 ほか)
  • 第3章 一度は見ておきたい城下町(鹿児島城-人口の九割はなんと武士!地名からうかがえる武家地の構造
  • 熊本城-加藤清正が施した防衛のためのカラクリ ほか)
  • 第4章 古地図に見る城下町の機能(城下町の構成-厳密に分けられていた武家地、町人地、寺社地
  • 古地図で見る城下町 形態編-城下町をぐるりと取り囲んだ堀や土塁
  • 古地図で見る城下町 防衛機能編-防衛拠点とされた寺院、敵の侵攻を妨げた道路)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古地図から読み解く城下町の不思議と謎
著作者等 山本 博文
書名ヨミ コチズ カラ ヨミトク ジョウカマチ ノ フシギ ト ナゾ
書名別名 Kochizu kara yomitoku jokamachi no fushigi to nazo
出版元 実業之日本社
刊行年月 2017.11
ページ数 157p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-408-00907-0
NCID BB24941321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22977899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想