近代日本の偽史言説

小澤実 編

現代に生きるわれわれも一度は耳にしたことがある俄かに信じがたい言説のかずかず。近代日本において、何故、このような荒唐無稽な物語が展開・流布していったのか-オルタナティブな歴史叙述のあり方を照射することで、歴史を描き出す行為の意味をあぶりだす画期的成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 偽史言説研究の射程
  • 第1部 地域意識と神代史(偽文書「椿井文書」が受容される理由
  • 神代文字と平田国学
  • 近代竹内文献という出来事-"偽史"の生成と制度への問い)
  • 第2部 創造される「日本」(「日本古代史」を語るということ-「肇国」をめぐる「皇国史観」と「偽史」の相剋
  • 戦時下の英雄伝説-小谷部全一郎『成吉思汗は義経なり』(興亜国民版)を読む)
  • 第3部 同祖論の系譜(ユダヤ陰謀説-日本における「シオン議定書」の伝播
  • 酒井勝軍の歴史記述と日猶同祖論
  • 日猶同祖論の射程-旧約預言から『ダ・ヴィンチ・コード』まで)
  • 第4部 偽史のグローバリゼーション(「日本の」芸能・音楽とは何か-白柳秀湖の傀儡子=ジプシー説からの考察
  • 原田敬吾の「日本人=バビロン起源説」とバビロン学会
  • 「失われた大陸」言説の系譜-日本にとってのアトランティスとムー大陸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の偽史言説
著作者等 三ツ松 誠
前島 礼子
小澤 実
山本 伸一
庄子 大亮
永岡 崇
津城 寛文
石川 巧
長谷川 亮一
馬部 隆弘
高尾 千津子
齋藤 桂
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ギシ ゲンセツ : レキシガタリ ノ インテレクチュアル ヒストリー
書名別名 歴史語りのインテレクチュアル・ヒストリー
出版元 勉誠
刊行年月 2017.11
ページ数 375,9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22192-0
NCID BB24931805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22985695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想