「近代的自我」の社会学

鍵本優 著

大杉栄・辻潤・正宗白鳥を「脱・自分」というキーワードで読み解き、現代社会の「消えたい」願望へもつながる、自分からの脱出や自己破壊の欲望を考察した斬新な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アプローチの方法
  • 2 大正期と文学者
  • 3 大杉栄の「脱・自分」
  • 4 辻潤の「脱・自分」
  • 5 正宗白鳥の「脱・自分」
  • 6 結論と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「近代的自我」の社会学
著作者等 鍵本 優
書名ヨミ キンダイテキ ジガ ノ シャカイガク : オオスギ サカエ ツジ ジュン マサムネ ハクチョウ ト タイショウキ
書名別名 大杉栄・辻潤・正宗白鳥と大正期

Kindaiteki jiga no shakaigaku
出版元 インパクト出版会
刊行年月 2017.10
ページ数 218,10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7554-0281-4
NCID BB24926838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23001936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想