蒙古襲来と神風

服部英雄 著

鎌倉中期、日本は対外戦争を経験する。二度にわたる蒙古襲来(元寇)である。台風が吹き、文永の役では敵軍が一日で退散し、弘安の役では集結していた敵船が沈み、全滅したとされる。だが、それは事実なのか。本書では、通説の根拠となった諸史料の解釈を批判的に検証。戦闘に参加した御家人・竹崎季長が描かせた『蒙古襲来絵詞』ほか、良質な同時代史料から真相に迫る。根強い「神風史観」をくつがえす、刺激に満ちた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 神風と近代史
  • 第1章 日宋貿易とクビライの構想
  • 第2章 文永の役の推移
  • 第3章 弘安の役の推移
  • 第4章 竹崎季長の背景
  • 第5章 『蒙古襲来絵詞』をよむ
  • 第6章 その後の日元関係
  • 第7章 遺跡からみた蒙古襲来
  • 終章 ふたたび神風と近代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蒙古襲来と神風
著作者等 服部 英雄
書名ヨミ モウコ シュウライ ト カミカゼ : チュウセイ ノ タイガイ センソウ ノ シンジツ
書名別名 中世の対外戦争の真実

Moko shurai to kamikaze
シリーズ名 中公新書 2461
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.11
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102461-9
NCID BB24917167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22980857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想