ちくま近代評論選

安藤宏, 関口隆一, 中村良衛, 山根龍一, 山本良 編

日本はいかにして封建思想から脱し、「近代化」を模索したか。福沢諭吉から与謝野晶子、柳田國男にいたるまで、モダン・クリティークを代表する巨人たちの思索をたどる、絢爛たるアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 明治-一八六八‐一九一二年(学問のすすめ(福沢諭吉)
  • 人生に相渉るとは何の謂ぞ(北村透谷) ほか)
  • 第2部 大正-一九一二‐一九二六年(ゴッホの二面(武者小路実篤)
  • 元始、女性は太陽であった(平塚らいてう) ほか)
  • 第3部 昭和・戦前・戦中-一九二六‐一九四五年(「小説の筋」論争(谷崎潤一郎
  • 芥川龍之介)
  • 日本への回帰(萩原朔太郎) ほか)
  • 第4部 昭和・戦後-一九四五‐(歌声よ、おこれ(宮本百合子)
  • 一匹と九十九匹と(福田恆存) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ちくま近代評論選
著作者等 中村 良衛
安藤 宏
山根 龍一
関口 隆一
山本 良
書名ヨミ チクマ キンダイ ヒョウロンセン : ニホン キンダイ シソウ エッセンス
書名別名 日本近代思想エッセンス

Chikuma kindai hyoronsen
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.10
ページ数 223p
大きさ 21cm
付随資料 解答編(48p)
ISBN 978-4-480-91731-7
NCID BB24915514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22984472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想