軍事のリアル

冨澤暉 著

現代の軍隊は「戦争の道具」ではなく、世界の繁栄と平和を守るための基盤である。一国平和主義によって世界の現実に目を閉ざした日本は、その「常識」を共有できない。今こそ自衛隊を正しく「軍隊」と位置づけ、過剰な期待も過剰なアレルギーも排し、何ができるのかを冷静に見極めよ-。陸上自衛隊トップの幕僚長を務めた著者が、自衛隊の現場の視点から語った超リアルな軍事論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦争を放棄しているのは日本だけではない
  • PKOの武力行使は集団的自衛権と関係ない
  • 自衛隊、英語に訳すと「護身隊」
  • 集団的自衛権論議はどこかズレている
  • 日本に北朝鮮のミサイル邀撃なんてできるわけがない
  • 常に複数のオプションがバトルしている米国軍事戦略
  • PKO「矛盾のツケ」、払いはすべて自衛隊でいいのか
  • 陸・海・空自衛隊の「出自」と「性格」
  • 「統合」と「連合」
  • 当面はアメリカ一極集中の秩序を守るべきだ
  • 在日国連軍の上手な活用法
  • 「専守防衛」は軍事的に成り立たない
  • 日本核武装の是非とその可能性
  • 前捌きと本腰-私の騎兵論
  • 危機に及んでは「独裁」を
  • 徴兵制と志願制
  • 「情報」を軽視しがちな日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軍事のリアル
著作者等 冨澤 暉
書名ヨミ グンジ ノ リアル
書名別名 Gunji no riaru
シリーズ名 新潮新書 742
出版元 新潮社
刊行年月 2017.11
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610742-9
NCID BB24896872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22980405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想